カードローンの審査基準について

カードローンの審査基準には、大きく二つあると認識しています。一つは、信用情報機関に問い合わせた時の回答結果と、年間返済比率です。

カードローンの審査として、一般的には、まず申し込みから収入証明書を提出して仮審査をします。その後、職場への在籍確認をして、それと同時かそれ以前に、信用情報機関に問い合わせて回答結果を得て、年間返済比率を考慮しながら、総合的に本審査の通過の可否を判断しています。

ここで、審査でよく聞く、信用情報機関とは何か?、ですが、一言で言うと、「そのカードローン希望者が過去にクレジットカードやローン支払い等々で、支払いの遅延や不払いといった事故をおこしているかどうかの履歴を管理している機関」と言えます。

そのため、信用情報機関に問い合わせれば、支払いの遅延や不払いをおこしているかどうかすぐにわかります。その結果、その頻度が多かったり、重大なものだったりした場合には、金融機関によっては、カードローンの審査を通さない判断をするところもあるということです。

審査に通るためにできる対策としては、可能な限りクレジットカードやローンの支払いで遅延や不払いといったことは起こさないようにすることが一つ言えます。また、年間返済比率を下げるために、カードローンの審査をする時までには、他のカードローンを完済の上解約したり、必要ではないクレジットカードのキャッシング枠をゼロにしておいた方がいいとも言えます。

みずほ銀行カードローンを実際に利用してみて。

まず、私の中で何でみずほ銀行のカードローンがオススメなのかを説明します。

簡単に言うと、利用できる金額は少ないですが無職(専業主婦)でも審査が通り利用できています。

専業主婦=無職だと判断され、審査にも通らずに利用できないところの方が多いくらいなので…

最初は本当にビックリしました。

てすが、利用して行くうちにとても親切な対応だったり良心的に接してもらっていることにも気づいたり、専業主婦でも利用額が見直ししてもらえたりして、とても便利に気持よく使うことができます。

銀行のカードローンなので利子も消費者金融系からしたら少しは安めなので、支払いも少し安くできます。

借り入れる金額によって返済額もスライド式での計算ですが、そこまで高い利子でもないこともあってか無理なく返済できると思います。

そして何より、安心して利用できることが第一ではないでしょうか。

有名な大手金融会社も安心かもしれませんが、みずほ銀行カードローンは銀行です。

銀行である以上、借り入れするときなどにも変な危険性もないでしょうし、騙されるような心配もありません。

みずほ銀行カードローンの場合、それが何をさしおいても一番に鳴ると思います。

審査もそこまで厳しくなかったのですが、銀行系カードローンというだけで安心できるのは強みだと思います。

みずほ銀行カードローンは、利用金額に応じてプランが決定

みずほ銀行カードローンは、最大限度額は1,000万円ですが、利用金額に応じて、2つのプランがあり、自分に合ったプランに設定され、安心して利用できるサービスです。

海外旅行や結構式などの大きな金額を利用したい場合には、金利の低い「エグゼクティプラン」に設定され、200万円以下の場合は、「コンフォートプラン」になります。

200万円以下の申し込みの場合には、収入証明書は必要なく、手軽に申し込めるプランとなっています。

みずほ銀行カードローンは、即日融資が可能で、すでにキャッシングカードをお持ちの方は、ATMでも利用できます。

カードをお持ちでない方は、インターネットのサイトから申し込みが可能で、審査結果は、携帯へ通知されます。利用可能になった場合、カードの発行と同時に、普通預金口座を開設する手続きを進めることになります。

みずほ銀行カードローンは、まとまった金額が必要にな時に、とても利用しやすいローンで、普通預金より自動引き落としの返済、コンビニATMからの返済が可能です。

申し込み、ローンの契約に対する手間がかからず、電話で話すこともないので、ストレスと感じるような負担もありません。

利用者が利用しやすく、返済しやすいように設定できるサービスです。