カードローンの審査基準には、大きく二つあると認識しています。一つは、信用情報機関に問い合わせた時の回答結果と、年間返済比率です。

カードローンの審査として、一般的には、まず申し込みから収入証明書を提出して仮審査をします。その後、職場への在籍確認をして、それと同時かそれ以前に、信用情報機関に問い合わせて回答結果を得て、年間返済比率を考慮しながら、総合的に本審査の通過の可否を判断しています。

ここで、審査でよく聞く、信用情報機関とは何か?、ですが、一言で言うと、「そのカードローン希望者が過去にクレジットカードやローン支払い等々で、支払いの遅延や不払いといった事故をおこしているかどうかの履歴を管理している機関」と言えます。

そのため、信用情報機関に問い合わせれば、支払いの遅延や不払いをおこしているかどうかすぐにわかります。その結果、その頻度が多かったり、重大なものだったりした場合には、金融機関によっては、カードローンの審査を通さない判断をするところもあるということです。

審査に通るためにできる対策としては、可能な限りクレジットカードやローンの支払いで遅延や不払いといったことは起こさないようにすることが一つ言えます。また、年間返済比率を下げるために、カードローンの審査をする時までには、他のカードローンを完済の上解約したり、必要ではないクレジットカードのキャッシング枠をゼロにしておいた方がいいとも言えます。